下肢静脈瘤センター

下肢静脈瘤とは?

医療法人 貝塚病院

足の血管がこぶのように膨らんでいる・むくむ・疲れやすい・皮盧が変色した・・・これらの症状を下肢静脈瘤といいます。

血管には「動脈」と「静脈」があり、動脈は心臓から身体の隅々に血液を送る血管で、静脈は心臓に血液を戻す血管です。
下肢の血液は、足の運動によって心臓に戻っていきます。

また、静脈には血液の逆流を防ぐための弁がついており、重力によって血液が下へ逆流しないように重要な役割をはたしています。この静脈の弁が壊れて血液が下へ逆流し血液が溜まり、血管が膨らみ静脈瘤になります。

下肪静脈瘤の症状

医療法人 貝塚病院
  • 足の血管が浮き出てくる
  • 足がむくむ、痛む、だるい、疲れやすい
  • 足がつる(こむらがえり)
  • 足がかゆい、皮盧が黒ずんできている
  • 足に潰瘍ができている(皮膚が破れて出血する)

下肢静脈瘤ができる原因はいくつかあります。

  • 性別 女性の頻度が高い
  • 年齢 加齢とともに静脈瘤の頻度は増加する
  • 仕事 立ち仕事に従事する方(美容師・調理師など)
  • 遺伝 家族に静脈瘤の方がいる
  • 出産 妊娠、出産をきっかけに静脈瘤ができやすくなる

当院でもラジオ波治療が可能に

医療法人 貝塚病院

高周波アブレーションカテーテル治療

当院では、下肢静脈瘤に対してレーザー治療(高周波アブレーションカテーテル治療)を始めました。

高周波アブレーションカテーテル治療とは、皮膚に小さな穴を空け、そこから静脈にカテーテルと呼ばれる細い管を挿入し、ラジオ波(高周波)による熱により静脈壁を収縮させ、静脈を閉塞させる治療法です。

カテーテルを使用しての治療になりますので、患者さまの身体の負担も少なく低侵襲で、傷もカテーテルが入る程度ですので、ほとんど目立たず、入院することなく曰帰りで治療をすることが可能です。

治療時間 20分~30分程度※静脈瘤の状態、症状によって時間は異なる場合があります。

日本コヴィディエン株式会社

よくある質問

Q.高周波アブレーションカテーテル治療の対象となるのは?
A.静脈弁の損塲や病変により血液が逆流し静脈瘤が発生している方で、医師により治療が必要と診断された方が対象となります。
Q.高周波アブレーションカテーテル治療後の傷跡は?
A.傷跡はカテーテルを挿入するだけの小さな穴ですので、治療後もほとんど目立ちません。