放射線室

貝塚病院の放射線室では、患者さまにリラックスして検査を受けて頂けるよう診療放射線技師が、知識と技術を集結し、心のこもった「やさしい医療」をテーマとして業務を実践し、患者さまのお役に立てるよう努力しております。
又、最新の医療機器による画像情報の提供と、放射線科専門医による読影レポートシステムの採用により、より良い画像診断ができるよう努力しております。

紹介

放射線室

当院放射線室は、読影放射線科医1名、診療放射線技師6名、看護師2名のスタッフで構成されています。

放射線室には、一般撮影装置(日立製+富士FCR装置)・CT(東芝製64列マルチスライスCT)・透視撮影装置(東芝製)・乳房撮影装置(GE横河製)・血管撮影装置(フィリップス社製 DSA)・MRI(フィリップス社製 1.5テスラ)・外科用イメージ(GE横河製 OEC)・骨密度測定装置(GE横河製 PRODGY)・FUJIFILM社製 3Dワークステーションなどの医療機器が導入されており、患者さまの診断や治療にお役立ちできるように正確で解り易い画像を提供するするとともに、「やさしい医療」をモットーに日々努力しています。

また、365日24時間、診療放射線技師が勤務しておりますので、日中はもちろん、夜中の緊急検査にも対応しています。
放射線検査に関することはどうぞお気軽にお声をおかけ下さい。

機材

放射線室

一般撮影(CRシステム)

胸部、腹部、骨の撮影を行います。
胸部撮影では心臓・肺野などの様子を正面・側面から撮影します。
腹部撮影では腸管のガスや結石などが撮影目的になります。
骨の撮影では骨折の有無や関節などの状態を調べる検査です。

CR(Computed Radiography)とは、特殊な感光板(IP)で受けたX線を画像読取装置でスキャンし、コンピュータ処理によりデジタル化するものです。
デジタル化することにより、撮影後にコンピュータでの画像処理も可能です。また、撮影した画像はすぐに病院内のどのパソコンからも読影可能です。

放射線室

MRI検査装置

強力な磁石の間(MR装置のトンネル)に体を入れて磁場を当てると体から電磁波が放出する現象(核磁気共鳴現象)を利用した画像診断装置です。

体から放出される電磁波は、骨や臓器によって強さが微妙に異なり、これをコンピュータで断面像として画像化する装置です。
X線を使わないため人体に悪影響を与えることなく検査を受けることが出来ます。

鮮明な画像により腫瘍などの早期発見に威力を発揮します。
体のどの部位でも任意の断面の撮影が可能です。

放射線室

CT検査装置

X線を体の外から照射し、透過してきたX線量を測り、コンピュータを使って断面を画像化する装置です。

検査時間は短時間ですみます。

頭部・胸部・腹部等全身の断層像(輪切り)や立体像(3D)の鮮明な画像得られ、患者さまは寝台に寝て楽な姿勢でリラックスしながら安心して検査を受けていただけます。

放射線室

血管造影(DSA)検査

アンギオ検査とは、カテーテル(細い管)を主に太もものつけ根(そけい部)の動脈から肝臓や腎臓まで挿入し、血流や腫瘍の分布を調べたり、血管の狭窄や閉塞を知るための検査です。最近ではインターベンショナル・ラジオロジー(IVR)と呼ばれる血管内治療も多く行われています。

当院では、特にシャント狭窄のPTAやステント挿入を行っています。

放射線室

外科用イメージ(OEC)

X線TV装置や血管撮影装置(DSA)と同じく、体内の動きをリアルタイムで観察するX線透視やX線撮影を行うことができます。

移動式になっていて手術室で使用します。

外科用イメージは、術中での整形外科の整復、カテーテル先端の位置確認、造影、術後確認などを行います。

放射線室

透視撮影装置

食道、胃透視、注腸、胆嚢、胆管検査などの検査を行います。

食道・胃透視・注腸は、バリウムと空気を用いて食道と胃の形、大きさ、粘膜面の状態を撮影します。

胆嚢、胆管検査は、X線透視下で内視鏡を使用して胆管・膵管の形態学的診断、閉塞・狭窄・結石の有無を検査します。

また、整形外科のブロック検査や骨折の整復にも使用されます。

放射線室

乳房撮影装置

早期乳がんのサインである、微小石灰化を見つける乳房専用のX線撮影装置です。

しこりとして触れない早期乳がんを始め、触診や超音波では発見しづらい乳房にできる病気を見つけることが可能です。

放射線室

骨密度測定装置

骨密度測定装置(DXA)は骨の状態を見る検査で、骨に含まれるカルシウムなどのミネラル成分の量を測定する検査です。骨粗鬆症や代謝性骨疾患の診断に役立ちます。腰椎、大腿骨頸部を同時にスキャンする事で、放射線被曝も少なく、より精度の高い測定を短時間で行うことが可能となりました。

DXA(デキサ)とはDual Energy X-ray Absorptiometryの略で、2種類のエネルギーのX線を照射し、骨による吸収差を利用して骨量を測定します。骨量を測定する検査では最も正確な検査法です。

放射線室

FUJIFILM社製 3Dワークステーション

ワークステーションを利用して、CTやMRIの画像を加工し作成します。

特徴

  • 処理速度が速く、高機能3Dの作成
  • バーチャルエンドスコピー像の作成
  • CT、MRIの合成像(ヒュージョン)
放射線室

画像ファイリング装置

当院で撮影される検査画像はデジタル情報であり、この情報を画像 サーバーに蓄積し保存、管理されています。また、画像閲覧システム(モニター診断)が導入され、患者さまの過去画像の検索、参照、比較が迅速かつ容易に行え、 フィルムが不要(マンモグラフィー以外)となりました。これにより、患者さまの検査後の待ち時間も短縮されました。