栄養管理室

栄養管理室の業務は、フードサービス(食事)とクリニカルサービス(栄養管理、栄養指導)になります。「食」の面から患者さまの治療のサポート、地域の皆さまの健康増進の一環として栄養改善のため様々な活動など行っています。

栄養管理室の理念

地域の皆さまの健康増進、栄養改善に貢献します。

基本方針

  • 患者さまに治療の一環として満足のいく治療食を提供していきます。
  • 安心、安全の食事を提供するために食品衛生に対する知識の向上に努めます。
  • 地域の皆さまの栄養改善に貢献します。
  • 専門職として常に知識、技術の向上に励みます。

栄養管理室の構成

栄養管理室
  • 管理栄養士 3名(福岡糖尿病療養指導士、トレーニング指導士、介護支援専門員の資格保持者もいます)
  • 栄養士 3名
  • 調理師 6名
  • 調理員 7名

栄養指導

現在、栄養指導は下記の内容を行っています。

個人栄養指導

外来・入院の患者さまを対象に個別の栄養指導を行っています。
患者さまが栄養指導を受けやすいように下記の日時に、患者さま個人の食生活にあった食事アドバイスなど行っています。

開催日 月~土(祝日を除く)
時間 月~金 10:00 ~16:00 / 土 10:00~13:00※原則として上記時間帯の30分間

主な栄養指導例

栄養管理室

糖尿病、脂質異常症、痛風、潰瘍、肝臓病、貧血、高血圧、腎臓病、肥満、心臓病、胆石症、お酒(禁酒)、タバコ(禁煙)について外食の注意点、現在の食生活の見直し※食事、栄養に関することは、お気軽に管理栄養士にお尋ねください。

NST(栄養サポートチーム活動)

栄養状態は病態と深く関わるため、貝塚病院では、医師看護師薬剤師言語聴覚士作業療法士理学療法士管理栄養士など、さまざまな職種で栄養サポートを行なっています。

活動内容

  • 身体の状況や食事の摂取量を観察し栄養評価を実施します。
  • 栄養サポートチームにより検討を行い栄養管理の実施と
    確認を行います。※食事、栄養に関することは、お気軽に管理栄養士にお尋ねください。
栄養管理室

イベント・外部活動

栄養管理室

栄養管理室では、地域の健康作りや栄養改善のためにも力を入れています。
院内でも各種栄養教室など検討しておりますのでご要望などありましたらお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ 092-632-3333(担当 石野)

実習生教育

病院給食

以下の食事(約50種)を準備しています。
また、今後も患者さまのニーズにあった食事を提供できるようにしていきます。

病院食

治療の一環としてお食事を提供していますが、できる限り味、見た目、雰囲気にこだわり提供しています。
また月2回の行事食など提供しています。

外来透析食

ご希望の方はエネルギータンパク質、リン、カリウム、塩分を配慮した食事を提供致します。

  • 特別メニュー

  • 外来透析食(開設記念日)

  • 病院食(正月)

特別食

現在は病態別治療食を提供しています。

  • 糖尿食
  • 透析食
  • 心臓食
  • 肝臓食
  • 貧血食
  • 脂質異常症食
  • 検査食
  • 潰瘍食
  • 消化管術後食
  • 痛風食
  • 膵臓食
  • 腎保護食

食材について

現在使用している米は、佐賀県産ヒノヒカリ80%+夢しずく20%のブレンド米です。 また精米分析にて食味値は82となっています。

衛生管理

当院では皆さまに安心して食事をお召し上がりいただけるように、大量調理施設衛生管理マニュルに沿って衛生管理を行っています。

職員教育

栄養管理室
現在、下記の職員教育を行っています。
普通救命講習会 (栄養士、調理師、調理員、実習生対象、現在37名取得)

※その他、定期的に勉強会を行っています。

健康レシピ集

Adobe ReaderR

PDF ファイルをご覧になるには、Adobe Reader が必要です。
Adobe Reader をお持ちでない方は、Adobe Reader のダウンロードサイトからダウンロードしてください。※AdobeR、Adobeロゴ、Adobe ReaderRは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。