教育支援体制

教育・支援体制

教育
理念

看護部の理念に基づき、プロフェショナルとして自立した看護を
提供できる看護職員を育成する

教育
目標

  1. すべての看護職員がプロフェッショナルとして自律した看護実践ができる
  2. チームの一員としての役割を認識し、責任を果たすことができる
  3. 一人ひとりが自分に合ったキャリア開発を選び、個性を伸ばすことができる

クリニカル
ラダー
システム

~当院看護部のクリニカルラダーシステムの基本的な考え方~

  1. 一人ひとり職員が自分の実践能力を見極め、伸ばす指標である
  2. 個々のキャリアの目標及び能力に応じた教育サポートを受けられる
  3. 臨床実践能力や自己努力を適正に評価できる
  4. 研修や学会等への参加、認定看護師等や昇格に必要な人事選考の参考資料とする

教育構造図

教育構造図

フレッシュナース(1年目)

  1. 1.看護の基本的知識、技術を身につける
  2. 2.ベッドサイドケアを安全・確実に行える
  3. 3.組織人としての接遇や協働することを身につける

レベルⅠ(2年目~)

  1. 1.チームメンバー、受け持ち看護師としての役割を果たすことができる
  2. 2.研修や看護研究に積極的に参加する

レベルⅡa ・Ⅱb(3年目~)

  1. 1.看護過程に基づく個性性のある看護展開ができる
  2. 2.積極的に課題に取り組み、看護実践に活かすことができる
  3. 3.日々のリーダーとしての役割と責任を果たすことができる

レベルⅢ(5年目~)

  1. 1.看護過程に基づく個性性のある看護展開ができる
  2. 2.積極的に課題に取り組み、看護実践に活かすことができる
  3. 3.日々のリーダーとしての役割と責任を果たすことができる
  4. 4.看護研究や研修を通してさらに看護実践能力を高めることができる

レベルⅣ(8年目~)

  1. 1.役割モデルとなり、創造的な看護を展開する
  2. 2.部署内の課題を明確にしたうえで管理的な行動をとれる
  3. 3.部署内で教育的役割をとることができる
  4. 4.専門分野における研究や研修を積極的におこなることができる

教育・支援スケジュール

年間スケジュールや教育体制、新人看護師の入職後1年間カリキュラムをご紹介します。

新人看護師の一年の流れ

4

オリエンテーションを受ける
  1. 社会人としてのマナーを身につけ、責任ある態度をとれる
  2. 体調管理や出勤することになれる
  3. 病院職員としての自覚を持つ

5

少しづつ業務の流れがわかる
  1. 日勤業務の流れがわかるる態度を
  2. コミュニケーションがとれる
  3. 指導の下患者を2~3名受け持つ

6

一人で患者のところに行ける
  1. 自分の役割を理解し指導の下業務を行える
  2. 軽症患者の入院受けなどを指導の下行える
  3. 指導の下患者を2~3名受け持つ

7

先輩に確認しながら業務を行える
  1. 頻度の高い看護技術を習得できる
  2. 遅出業務などを通して物品管理ができるようになる

8

振り返りましょう

入職してできるようになったこと、これから習得することを確認しましょう!がんばってる自分を誉めてね!

9

同時に2つ以上のことに
対応できる

急変時の対応を学び、多重課題を少しでもできるようになる

10

夜勤業務について学ぶ

夜勤業務に入るための研修を受ける

11

夜勤、日勤の業務内容を理解し実践できる
  1. 軽症患者を受け持つことができる
  2. 先輩とともにカンファレンスに積極的に参加できるようになる

12

指導のもと受け持ち患者の
サマリーを記録できる

カンファレンスで受け持ち患者のことを説明し看護展開できる

1

指導のもと受け持ち患者の
サマリーを記録できる

看護を振り返り他者と共有できる

2

少しづつ業務の流れがわかる

先輩とともにこの1年間を振り返りましょう

3

2年目に向けて自己目標が
できる

2年目に向けて自己目標の設定ができる