平成28年度 貝塚病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 12 38 39 138 177 347 361 425 172
平成28年4月~平成29年3月に退院された患者様の年齢階級別(10歳刻み)患者数です。
ハイフン(-)は10件未満の件数です。
平均年齢は69.8歳で、60歳以上の患者様の割合が約8割を占めており地域社会の高齢化を反映しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
平成28年度はDPC準備病院のため集計に必要なデータがなく集計できませんでした。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - 10 - 27 1 7
乳癌 - 10 - - - 20 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - 16 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
平成28年4月~平成29年3月に退院された患者様の5大癌の分類です。
初発とは当院で初回治療を実施した場合を指します。
再発とは、他院または当院で初回治療終了後に、当院で引き続き治療をする場合を指します。

10件未満のためハイフン表示となっておりますが、当院では大腸癌、乳癌以外にも胃癌、肝癌の手術を行っています。
また他院で初回治療を終えた患者様の経過観察及び化学療法等の継続治療も行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 40 12.75 53.90
中等症 83 31.98 82.37
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
平成28年4月~平成29年3月に退院された成人市中肺炎の重症度別患者数です。
軽症の患者様は、若年層の方が多く、在院日数も12日と短くなっています。
当院では中等症の患者様が一番多く見受けられます。年齢層が上がるにつれて重症化する傾向となっており、在院日数も長期化しています。
またご高齢方は肺炎治療後、筋力低下を伴うため、リハビリ治療も行っており、在院日数の長期化の原因と言えます。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
10件未満のためすべてハイフン(-)表示としております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 23 0.61 12.87 0.00% 68.61
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 22 2.55 5.64 9.09% 67.41
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 16 0.00 1.44 0.00% 69.44
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 14 0.14 3.00 0.00% 58.71
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 10 0.30 1.30 0.00% 71.90
当院の外科は血管外科と消化器外科をメインに診療を行っています。
血管外科では下肢閉塞性動脈硬化症や下肢静脈瘤に対して手術を行っており、手術件数が上位となっています。
外来診療でも下肢静脈瘤の手術を行っています。

消化器外科では胸水・腹水濾過濃縮再静注法が上位となっています。
胸水・腹水濾過濃縮再静注法とは、体に溜まった胸水、腹水を除去する手術です。肝疾患(肝癌、肝硬変等)に罹患してる方に多く見られます。
また腹腔鏡下鼠経ヘルニア手術をはじめ、胆のう結石、虫垂炎、悪性腫瘍(癌)等の手術、内視鏡手術ではポリープ切除や胆管結石等の手術を行っています。
在院日数は短く早期退院が多い傾向です。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 51 2.18 6.08 0.00% 60.88
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 等 - - - - -
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 - - - - -
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) - - - - -
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術が当院でも最も多い手術件数となっています。
当院健診科と連携し早期発見に努めています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 30 6.27 54.80 13.33% 76.23
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 等 - - - - -
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 等 - - - - -
大腿骨骨折による手術が整形外科で一番多くなっています。
年齢層も高齢の方が多く、特に転倒による骨折が原因の一つです。
当院では手術後、在宅復帰を目指して地域包括ケア病棟に移り、リハビリを強化しています。
そのため、術後の在院日数も長期化しています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 14 0.00 3.29 0.00% 55.57
K4761 乳腺悪性腫瘍手術(単純乳房切除術(乳腺全摘術)) 13 0.15 14.54 0.00% 53.62
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) - - - - -
K474-2 乳管腺葉区域切除術 - - - - -
乳がん検診、診断から治療はもちろん、後遺症である腕のリンパ浮腫についても予防から治療までトータルケアを行っています。
根治性と整容性を両立できる内視鏡手術、乳房再建をはじめ、性同一性障害に対する身体治療、乳房下垂や陥没乳頭の悩みなど、
バストのことならなんでもご相談ください。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
K610-3 内シャント設置術 - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
10件未満のためすべてハイフン(-)表示としております。
主に透析患者様に必要な、透析シャント造設術(前腕の静脈と動脈をつなぐ手術)や透析を行うための
人工血管を造設する手術を行っています。
透析シャントや周囲の血管が閉塞することがあり、閉塞した血管を広げる手術も行っています。
麻酔科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1901 脊髄刺激装置植込術(16極以下ジェネレーター) 16 6.19 21.25 0.00% 70.31
K190-21 脊髄刺激装置交換術(16極以下ジェネレーター) - - - - -
K1902 脊髄刺激装置植込術(32極ジェネレーター) - - - - -
脊髄刺激装置(SCS)とは腰部から穿刺し、脊髄に刺激装置を挿入します。脊髄に電気刺激を送ることで痛みを和らげる手術です。
当院では脊柱管狭窄症、変形性脊椎症等による身体の痛みや、外傷後の後遺症による難治性の痛み(CRPS:複合性局所疼痛症候群)に対して
手術を行っています。
放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) - - - - -
10件未満のためすべてハイフン(-)表示としております。
当院では肝臓癌の患者様に対して行っています。
悪性腫瘍(癌)は血管やリンパ節を通り広がっていきます。
肝臓癌が血管を通り広がらないように、肝臓の血管を一部塞ぐ手術です。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
- - - - -
10件未満のためすべてハイフン(-)表示としております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 24 1.40%
異なる - -
合併症は特に透析シャントのトラブルや胃瘻、腸瘻部の感染症などがありました。
当院では腎臓内科で人工透析を主に行っております。人工透析をされる患者様は透析シャント(前腕部の静脈と動脈をつなぐ手術)を造設し、そこから針を刺して
人工透析を行います。透析シャントは人工的に作られた血管のため、その周辺血管又はシャント部の血液の流れが悪くなることや、血管が詰まる「透析シャントトラブル」が起こります。血流が遮断されると透析治療ができなくらるため、当院で血流を再開させる治療を行っております。
更新履歴
2017/9/27